寒い日はヒーターで暖まろう

Bar

ヒーター 寒い日は、暖かなキャビンでくつろげたら最高!! ヒーターが壊れて寒さに耐えて2年越し、遂に修理とあいなりました。塩っ気に強いと言われるドイツ製のヒーターに決めて、ダクトなど使えるものは以前の設備を極力流用してコストを浮かせる予定。素人にはなかなか難しい工事のようなので、専門家に依頼した。これでぬくぬくの冬を過ごせそうだ。上映3分強。

▶今すぐ見る (17792.5K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入港案内 保田港・東京湾

Bar

入港案内 保田港 食事処と入浴施設があって、ポンツーンに着けられる港として人気のあるスポット。入港も難しい状況もなく、距離的にも、東京湾・相模湾からも手頃ということもあって、連休時には大混雑すること必定である。撮り溜めたビデオをまとめてみたもので、初めての方にはお役に立つかも知れない。これで混雑度が増すことになるのかな。時期をずらして行くことをお薦めする。上映2分。

▶今すぐ見る(5420.9K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーの賢い使い方 2

Bar

Smart How to use Battery 2 いざ入港と言う時、エンジンが起動出来なくなったら大変!! バッテリーの基本、第2巻では、実践での基本のチェック事項を憶えて、賢い使い方を会得しよう。気配りのある使い方がバッテリーを長持ちさせ、安心のクルージングを実現する。快適さをくれる便利な電装品だが、闇の世界に吸い込まれない対処法も見据えないと。上映2分半。

▶今すぐ見る (5245.4K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーの賢い使い方1

Bar

Smart How to use Battery 1エンジンが起動しないで困ることが無いように、 バッテリーの賢い使い方を。
電装品がますます増えるヨットでは、限られた電力を上手に使うことが求められる。バッテリーの仕組みと性能を知って、賢い使い方を会得しよう。第1巻では、取り扱い以前の基本的な特性を理解。奥が深い世界だが、シンプルにして理解を容易に。上映4分。

▶今すぐ見る(6570.2K)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロープワーク3「エンド処理」篇

Bar

RopeWork3 ロープワーク完結篇。ロープ・エンドのまとめ方。
ヨットではシート・エンドは抜けないように結んでおく場合があります。固くならず解けやすい結び方が不可欠です。また、ロープやシートの末端は、ほぐれないように糸で巻いたりした処理をしておく必要があります。その方法を解説します。これで最低限のロープワークは完了です。上映2分半
▶今すぐ見る   (5765.1K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロープワーク2 「繋ぐ」篇

Bar

Antares4 続編ロープワーク。ロープをつなぐ技と整頓。
ここでは、ヨットで日常的に使われる、ロープとロープを繋ぐ基本技を取り上げます。使うはめになる状況が必ず出てきます。その時のためにしっかり憶えておきましょう。そして、ロープ類の整頓方法をひとつ。きれいに整頓された船は、見ていてゆかしさを感じます。上映4分弱
▶今すぐ見る  (7642.7K)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロープワーク 「舫う」篇

Bar

ロープワーク

ロープワークを動画でスッキリ理解。
ヨットを舫う場合の基本的なロープワークを取り上げています。しかも、いずれもが必要不可欠な結び方です。海に出たらこれだけはマスターしておかないと困りますよ。
ベテランヨットマンが動画で、ゆっくり教えます。後は、習熟あるのみ。上映4分半 
続編では「ロープ・シート同士を繋ぐ」を取り上げます。乞うご期待。
▶今すぐ見る  (9821.9K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンタレスのクルーズ 西伊豆

Bar

Antares4 秋の一日、駿河湾は静浦のアンタレスさんにお邪魔しました。ヨットの楽しみを分かち合うために、アンタレスさんは数え切れない数のゲストを受け入れて来ました。出艇累計はなんと今回で697回目。何故か美人クルー&ゲストが多いのは船長のお人柄か、羨ましい。大瀬崎を回り、井出漁港往復の航海。係留後はもうひとつのイベント・豪華満腹昼食会。帰途は東の風、フォーマッサ42は安定した爽快なセーリングを展開。西伊豆のきれいな海と風景となごみを満喫した一日。ホスピタリティに感謝。
アンタレスさんのHPはこちら
今すぐ見る antares.mp4 (18106.4K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海羚のクルーズ 東京湾縦断

Bar_1

title台風接近なれど小笠原に停留中の隙を狙って夢の島マリーナから一路南下のクルーズに出た。総勢6名。目的地は房総半島の保田港。漁協直営店の「ばんや」食堂での海鮮宴会が主目的。電子チャートを装備して、最短ルートをひいて5時間15分で到着。風は終日追手。平穏なクルーズだった。だが復路はかなり吹かれた。
今すぐ見る hota.mp4 (9727.3K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)